1938年創業のLAビバリーヒルズ発のアメリカで初のプライムリブ専門店。4月20日に日本上陸21周年を迎えました。日本国内の3店舗すべてが、カリフォルニアワイン・バイザグラス・プロモーション2022に参加している中、この恵比寿店は2019年に優秀店に選ばれています。

プライムリブとは、アメリカンスタイルのローストビーフ。特製スパイスを塗り、低温でじっくり焼き上げ肉汁を閉じ込めた骨付き牛肉は、ジューシーで柔らか。アメリカンスタイルとあって、かなりのボリュームですが、お勧めして貰ったワインと一緒なら、手が止まらなくなります。1杯で完食できなかったら、合わせるワインを替えて味変すると、楽しみも倍増。バイザグラスだから、できることですね。

2ヶ月毎に更新するグラスワインのラインナップは、白2種類、赤3種類のアメリカのワインというのが基本。現プロモーション期間中は、白3種類、ロゼ1種類、赤4種類のカリフォルニアワインが揃っています。恵比寿店オリジナルのシェフズ・コースに合わせて、よりお得な価格で白・ロゼ・赤の3杯をサービスするシーズナルなセットも。

お店のフラッグシップメニューに、お勧めの1杯を紹介します。

ライダーエステート セントラルコースト シラー × プライムリブ ロウリーカット ステーキのように分厚いロウリーカットは、1938年から続いている定番カットで、どっしり食べ応えのある300g。もう少しボリュームを抑えたいなら、日本限定のトーキョーカット120gという選択肢もあり。カベルネ・ソーヴィニヨンが定番と思われがちなところ、「果実味とジューシーさが合う」と勧められたのが、このシラー。じんわり染み出る肉汁と甘みのあるソースとは確かに相性良し。特製のシーズンド・ソルトを掛けると、無限ループになりそうです。

焼き上げたプライムリブを保温してテーブルまで運ぶシルバーカートの隣に立つのは、副支配人の高橋和也さん。「アペタイザーからサラダまでを白で、その後、ロゼから赤へと飲み進めて行くのがお勧めです」と、さわやかな笑顔でみなさんを迎えます。

メインダイニング、個室、入口のバー&ラウンジ合わせて332席の広々とした空間。アメリカから取り寄せたヴィンテージウッド、趣きのある煉瓦など、随所に温かみのある素材を使用。

ロウリーズ・ザ・プライムリブ 恵比寿ガーデンプレイス店
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー地下2F
営業日と営業時間は、Facebookや公式ウェブサイトをご確認下さい。
TEL:03-5488-8088
@lawrysebisu
https://www.facebook.com/lawrysebisu
https://lawrys.jp/pages/ebisu
バイザグラス実施期間
4/20(水)〜5/31(火)

文: 近藤さをり
写真: 小松勇二